スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満足!

浪速クラブ 5月公演 劇団花吹雪
5月21日(月) 昼の部
5月28日(月) 昼の部

平成22年1月、この浪速クラブで観たのが最後。
大阪公演を待ちに待っていた。

二代目桜真之輔さんは、昨年7月に お父さんの二代目を継ぎ、三代目座長 桜京之介を襲名。
23歳の座長は、人気抜群の春之丞座長と二人座長で世代交代を完了。

芸と技と美が渾然一体となり、ファンにはたまらない眩しい舞台が繰り広げられている。

いつもながら心がなごみ、自然に顔がほころんでいるのを友達と確認する。

お客を飽きさせないように二人の座長が、練りに練って楽しい企画に取り組んでいる一所懸命さは、しっかり伝わってくる。

来年5月にまた戻ってくるとのこと、なが~いお別れ。。。。。


  5月21日 両座長
DSC07136.jpg DSC07189.jpg     DSC07130.jpg DSC07199.jpg

DSC07175.jpg DSC07214.jpg

  5月28日 両座長 
DSC07226.jpg DSC07283.jpg     DSC07278.jpg DSC07237.jpg

DSC07261.jpg DSC07321.jpg
 
スポンサーサイト

予期せぬ休館日

朝日劇場 3月公演 剣戟はる駒座
3月22日(木) 昼の部

浪速クラブでの公演「スーパー兄弟」を観るつもりで出かけた。

いつもなら劇場前では椅子が出されて、ひとが集まっている、まだ開場前の時間帯。
なのに、誰もいない。
みんなもう中に入ったのかと入口まで行ってみると、張り紙に「休館日」と。
めったにないことが今日起こった。
次に「オーエス劇場」に行ってみると、こちらは「座長不在」の張り紙。
お目当てはやはり座長なのだから、残念!!
もう一軒残っている、「朝日劇場」に決める。

津川竜座長は、何年も前に見たときと変らぬ若い美貌で女形をキメる。
長男の鶫汀(らいちょう)君は副座長。
小柄で優しい面立ちだから、女よりカワイイ女になる。
次男の祀武憙(しぶき)君も劇団の要。

劇場内撮影禁止のため、送り出しのとき、一枚ずつ撮らせてもらった。


私たちは、どの劇団でも一日楽しめたら、それで納得するのだ。
4月、5月はお気に入りの劇団が来るので、スケジュールの調整をして観に行く日を決めなくては。

 <津川竜座長>
DSC07009.jpg
 <津川鶫汀副座長>
DSC07010.jpg

大衆演劇初め

浪速クラブ 1月公演 劇団花車
1月18日(水) 昼の部

観劇は遠足気分。
お弁当におやつに余念がない。
カロリーオーバーを気にしても、おしゃべりが弾み消費していると勝手に判断。

初めて観る劇団に今日はポスターをもらった。
勇壮な男子4人がステキ。
聞いたところ、お父さんの姫京之助さんが座長。
長男の姫錦之助さんは、平成19年に兵庫県の新開地劇場で座長襲名をした。
三男勘九郎さんは25歳、四男右近君は16歳。

お父さんと三兄弟が劇団を盛りあげている。
4人それぞれの個性が違い、お目当ても違う。

右近君は176㎝の長身で16歳とは思えない。
女形はカワイイ色気でファンも多いとのこと。

二男の姫猿之助さんは別所帯。

姫京之助座長
DSC06940.jpg DSC06945.jpg

姫銀之助座長
DSC06938.jpg DSC06916.jpg DSC06897.jpg

姫勘九郎さん
DSC06934.jpg DSC06891.jpg

姫右近君
DSC06930.jpg DSC06901.jpg



昨年の観劇日数は少なかった。
年末21日の見納めは、劇団飛翔。
いつ見ても全力投球の翔炎座長。
身体の成長もさることながら、芸の成長も見られる息子さんキャビア君。
将来の座長を自覚して、日々精進していることでしょう。

DSC06866.jpg DSC06881.jpg DSC06829.jpg DSC06823.jpg

キャビア君  
DSC06849.jpg DSC06884.jpg

卯月

朝日劇場 4月公演 橘劇団
4月7日(木) 昼の部

今年初めての観劇は、2・3月の期間でリニューアルされた浪速クラブに向かった。
お目当ては久しぶりの、新生真芸座の哀川昇座長。
スッキリした劇場外観、いつも通り表のイスにはお客が
雑談をしながら10時半の開場を待っている。

何気なく木戸横の張り紙を見たら、信じられない!
「本日、座長不在!」
あの艶姿が見られない~意味ない~
急きょお隣さんの朝日劇場に変更。

橘劇団では花形の橘大五郎さんの座長襲名披露が今年3月。
北野武監督「座頭市」にも早乙女太一君と同様出演していた。
お芝居での芸者役の女っぽいしぐさが魅力的。
一昨年「時薬」で歌手デビューしている。
初舞台が3歳で、実力も人気も上昇中。
25歳の座長は、これから限りなく大きく羽ばたいていくことでしょう。

朝日劇場は撮影禁止になって、楽しみがなくなった。
<橘大五郎座長送り出し>
橘大五郎             

浪速クラブ 4月公演 新生真芸座
4月28日(木) 昼の部 

今月リニューアルオープンの劇場は、桟敷席をなくして椅子席を増やした。
190席になって場内が少し広く感じられた。
入場料金は現状維持の1,200円なら日本一安い!?

合同公演していたお兄さん片岡梅之助座長の真芸座と別々になった。
スタッフ込みで13人のこじんまりした所帯の運営は、昇座長の双肩に掛かっている。
紙芝居や映像で座員を紹介するコーナーを設けたり、自ら何度も登場するなどサービスは忘れない。

立ち役、女形と8回もたっぷり魅せてくれた。
女形になる変身を、舞台の上でお化粧から着付けまで披露。
早くて綺麗に仕上げるプロ技に感心。

やっぱり座長の女形は天下一品!! 満足。。満足。。

  <相舞踊は11歳の息子さんと >

DSC06734.jpg DSC06724.jpg DSC06716.jpg DSC06707.jpg
DSC06805.jpg DSC06720.jpg
DSC06788.jpg DSC06811.jpg DSC06799.jpg DSC06776.jpg

 <新浪速クラブ>

浪速クラブ 浪速クラブ外観


今年の締め

浪速クラブ 12月公演 劇団飛翔
12月11日(土) 昼の部

恋瀬川翔炎座長は独特な世界を持っている。
ワイルドで妖艶!?
通天閣の麓で公演すれば一度は観たくなる。
弟も息子キャビア君も劇団の花形になっている。
後継者の育成は大事。
きっとお父さんの良いところを引き継ぐ二代目になるでしょう。
 キャビア君

 翔炎ワールド
アルバムを作る


アルバムを作る


堺東羅い舞座 12月公演 劇団天華
12月25日(土) 昼の部

世間はクリスマスで浮かれてる日に、初劇場、初劇団との遭遇。
堺市の中心部にある商店街のビルの5階にできた劇場。
3階は東映系の映画館だった。
5階も映画館あと。
座席とかもそのままで、スクリーンを舞台に改装している。
どう見てもにわか作りの雑さがあちらこちらにうかがえる。
前から三番目は、上向き加減な状態で観るので首が疲れる。

澤村千夜座長率いる劇団はまだ三年目。
役者さんは若手でイケメンが寄り集まって、やっとまとまりかけたよう。
これからが勝負どころかも。
芝居と舞踊の出来はもちろんショーの構成など、いろいろ工夫をこらさないと見劣りさせる。

好みがはっきりしてきて、目がますます肥えてきたこの頃ではちょっとうるさくなったかな。
比較するのはお客の特権。仕方ないねぇ~。

アルバムを作る


プロフィール

月下香咲

Author:月下香咲
FC2ブログへようこそ!
漢字大好き
大衆演劇大好き
気ままな日々に
月下香のエッセンスを一振り

むきたまごさん
年号変換
BGM 真珠採りの歌
検索

Yahoo! JAPAN

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
四字熟語
ことわざ辞典
連想ゲーム
最近のトラックバック
みんなの足跡
デコ&デコ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。