スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季折々

ノーとペン

あれこれ言ってる間にもう2月。
月々の季節の趣を感じながらこの一年、月並ではない日常を過してみたいのだが・・・

 =陰暦12カ月の語源=
<睦月/むつき 1月>
「仲睦まじいお二人ですこと」などというように、「睦」は仲よくすること。
1月はすべてのものが気持ちを睦み合って、新年を迎える月だから「睦月」になった。

<如月/きさらぎ 2月>
「如月」は元は「木更ぎ」。寒い冬が終わり。いよいよ春の足音が近づくのが2月。そこで、草木も更生することからこう呼ばれている。

<弥生/やよい 3月>
いよいよ本格的な春が到来する月。稲や草木が「弥(ま)すます生い茂る」月だから「弥生」と呼ぶ。別名「夢見月」というロマンチックな名前もある。

<卯月/うづき 4月>
すっかり気温も温かくなって、心の中もポッカポカ。
みんなの気持ちもウキウキと浮き立つから「卯月」というわけ。

<皐月/さつき 5月>
農家では、5月は田植えの始まる大事な月。
「皐月」は早苗の植え付けをする月という意味。別名「早苗月」ともいう。

<水無月/みなづき 6月>
正しくは「水の月」という。田の水が最も必要な月だからこう呼ぶ。
だが、陰暦でこの月は梅雨の前の渇水期だから、とする説もある。

<文月/ふづき 7月>
ご存じ悠久のロマンス、七夕の月。
昔から七夕には、牽牛・織女に詩歌の「文」を供える風習があったことからこう呼ばれるようになった。

<葉月/はづき 8月>
植物の成長が激しい月で葉が生い茂るから「葉月」になった、というストレートでわかりやすい語源。
一方では、稲の穂が「張る」から「はづき」になったという説もある。

<長月/ながつき 9月>
9月は夜が長くて、一年中で最も月が美しいとされる月。だから、そのまま「長月」と呼ばれるようになった。紅葉が美しい月でもあるので。別名「紅葉月」ともいう。

<神無月/かんなづき 10月>
収穫も終わり、日本中の神様が、新年の準備などのために出雲に大集合する。いわば「神様サミット」の月。そこで神が留守になるから「神無月」。
でも、出雲では逆に「神有月」となる。

<霜月/しもつき 11月>
寒さが厳しくなって、霜が降りることが多い月だから、そのまんま「霜月」

<師走/しわす 12月>
いよいよ年末。「今年のことは今年のうちに」というわけで、すべてのことをやり終える月。つまり「為果す(しわす)」月というわけ。
「師(先生)が忙しく走るから」というのは俗説。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月下香咲

Author:月下香咲
FC2ブログへようこそ!
漢字大好き
大衆演劇大好き
気ままな日々に
月下香のエッセンスを一振り

むきたまごさん
年号変換
BGM 真珠採りの歌
検索

Yahoo! JAPAN

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
四字熟語
ことわざ辞典
連想ゲーム
最近のトラックバック
みんなの足跡
デコ&デコ
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。